とろろ昆布とおぼろ昆布の違いとは??

おぼろ昆布

・職人が一枚一枚手削り

 で仕上げたもの

 

・昆布の表面から

 削ります

とろろ昆布

・何十枚もの昆布を圧縮

 し機械で削ったもの

 

・昆布の側面から削り

 ます

 


大きな違いは【削り方】です

おぼろ昆布は

職人が一枚一枚丁寧に手削りで仕上げます

 

簡単に作業工程を説明しますと・・・

①昆布を酢水に浸す

②酢水から昆布を引き上げ一晩置く

③昆布の【耳】を断つ

④昆布の皮を削る

⑤黒いおぼろ昆布を削る

⑥ここでまた一晩昆布を寝かせます(薄く綺麗な白いおぼろ昆布を削るため)

⑦白いおぼろ昆布を削る

 


その他の違いは?

上記でご説明したとおり【おぼろ昆布】は職人の手削りであるため

大量生産が難しく、一人前の職人になるには数年を要するため全国的に

職人が減少しており希少価値も高くなっております。

 

また昆布の表面にデコボコがなく滑らかな物でないと、綺麗な【おぼろ昆布】を削りだすことができません。

そのため高品質(1等級)の昆布のみを使用しているため【とろろ】昆布に比べて高価格になっております。

 

ですがそれだけ職人の『想い』が詰まった昆布です。

ぜひ滑らかなとろけるような食感をご賞味ください。